FCアミーゴ

NPO法人ウルトラスポーツクラブ

国民の誰もが、それぞれの体力や年齢、趣味、目的に応じて・いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会を早期実現するため「総合型地域スポーツクラブ」を推進しています。

設立目的

・「まちづくりの推進」「子どもの健全育成」「スポーツ振興」「スポーツ環境の整備に関する事業」を推進
・いつでも、どこでも、だれでもが、楽しくスポーツや文化的活動ができる場や環境を築くこと

海外との交流活動

・ブラジル遠征
・その他(国内外での交流予定)

■海外との交流活動
~自立する選手の育成の一環として、海外遠征を実施~

■日露韓少年サッカー交流の歴史
2009年6月:日本(境港市)・韓国(東海市)・ロシア(ウラジオストク市)の3国を結ぶ定期貨客船DBSクルーズフェリー(イースタンドリーム号)が就航。

2010年7月:「日韓ロ少年サッカー交流」は、定期貨客船の1周年を記念し、ウラジオストク市のサッカークラブ「パヴィノ」を境港市へ招待したことに始まる。

2011年:ウラジオストク市の「パヴィノ」から招待を受け、「アミーゴ」がウラジオストク市を訪問。韓国(東海市)を経由し、東海市のサッカーチームとも交流試合を実施。

2012年8月:韓国(東海市)とのサッカーチームとの交流試合を韓国で実施。

2013年8月:ウラジオストク市・東海市との3都市で少年サッカー交流を実施。

ボランティア活動

・海岸清掃
・老人ホーム、デイサービスのお手伝い

環境保全活動への取組み

ブラジル大西洋沿岸雨林(マタ・アトランティカ)は、世界で最も破壊の進んだ熱帯雨林のひとつでもある。ブラジル発見当時(約500年前)はブラジル全土の約15%の130万平方キロメーターあったが、日本人移民による農業開拓等により、現在は1.2%に相当する10万平方キロメーター程しかない。

2012年、ブラジル鳥取県人会は、創立60周年記念事業として、サンパウロ州環境局森林院内に「サンパウロ鳥取友好の森」を創設し、マタ・アトランチカの代表樹60品種を約200本植樹した。

ウルトラスポーツクラブでは、ブラジル鳥取県人会と連携し、マタ・アトランチカの再生・保全活動に貢献するために、ブラジル遠征実施時に植樹を計画しています。
熱帯雨林の再生・保全活動にご協力頂ける場合、現地で企業名等を撮影し、ホームページで植樹活動の様子を公開させて頂きます。

大会運営・事務局

・全日本U-12フットサル選手権大会鳥取県西部地区
・プレミアリーグU11鳥取

各種大会企画

・4月:境港カップU15
・8月:カンコーラモスビーチサッカー大会(ジュニアの部、一般の部)
ウルトラ強化マッチ(U-13,U−14,U-15)
・2月:VITORIAフットサル大会(一般)
・3月:わがままカップU-10
・金の卵リーグ(3.4回/年)
・わがままリーグ(1.2回/年)
・ウルトラ強化マッチ(U-10,U-11,U-12)

事業報告書

平成26年度事業報告書(財務諸表など含む)
平成27年度事業報告書(財務諸表など含む)
平成28年度事業報告書(財務諸表など含む)
平成29年度事業報告書(財務諸表など含む)
平成30年度事業報告書(財務諸表など含む)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE

チーム・選手をサポートする

応援グッズ

応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。

応援バナー

応援バナーの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。