FCアミーゴ

メキシコより 3 ~拝藤先生

メキシコより  5月23日

4月28日、家のガスが少なくなり、なんと電話でガス会社に連絡しました。

スマホで電話をするため、グーグル翻訳が使えない状況を救ってくれたのは、チャレンジ精神と、ポケトークでした。

電話をかけると、スペイン語でばあ〜としゃべられ、このままではいけないとポケトークでガスの注文を相手が喋っているのに関係なく流し、

スペイン語で書いてある住所を、英語的に読んで住所を知らせました。相手のメキシコ人の方は、一生懸命聞いてくれました。

さらに、伝わっているかどうかわからないので、必殺ポケートークで何分ぐらいできますか、と質問したところ、30〜40分という答え。

時間が言えるということは、住所が伝わったということで一安心しました。

30分、40分すれど、ガス会社のトラックは来ない。現地の先生に聞いたら、2時間ぐらいしたら来たよということで、

とりあえず、2時間はまってみようと思っていたら。なんと1時間30分後に到着。

なんとそれからは、ガスを入れに来た人に、「満タン」と必殺グーグル翻訳を使い話したところ、ちょっと困った感じでしたが、

知らんふりして待っているとガスの給油口は、屋根の上にあるらしく、梯子を持って、中庭?みたいなところから屋根に登って行きました。

後日、他の先生に聞いたら、メキシコでは、満タンという入れ方はしないで、500ペソ分とか1000ペソ分とかで注文するようです。

屋根まで、給油ホースを伸ばし入れていました。なんとその時の請求が2100ペソ(やく9000円ぐらいでした。

しかし、メータを見ると76%しか入っていませんでした。このままで行けば、1年以上持ちそうです。

その時には、注文の仕方をすっかり忘れていそうです。

電話に出てくれた、メキシコの方は、とても優しかったです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE

チーム・選手をサポートする

応援グッズ

応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。

応援バナー

応援バナーの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。